スピーチの話し方の注意点

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

スピーチの話をする時にはまず下準備が必要になります。
まず、何の為に話すのか、誰に話すのかを考え話題を決めます。
内容は思いついたこと、話したい事などを箇条書きでかいてみましょう。

その中から自分が何を一番いいたいのか主題を決めます。
その時に主題は一つにしましょう。
あらすじを作り、声を出して話してみて、要点をまとめます。
 
スピーチをする時の注意点は自分が何を言いたいのかを明確につかんで
いないと聞き手には話しが伝わらないという事です。
自分が一番言いたい事をまとめておくということがとても大切なのです。
 
そしてスピーチの話し方で間を生かすという事はきわめて重要です。
話の中で沈黙を保つ時間を間といいますが、これはただ黙るという
だけでなく話の効果をあげる為に意識して言葉を休む事です。
 
間とは聞き手が理解する時間でもあり、期待させ、余韻を残すなど
様々な効果があるためスピーチにはとても大事です。
 
また声に強弱ををつけたり、表情をつけることで声に感情を込める事も
だらだらとしたスピーチにならないようにする為には重要です。
話し方のスピードもテンポを速くしたり遅くしたりに変化をつけることが効果的です。