コミュニケーション障害とは

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

コミュニケーション障害とは言語以外の能力に比べて言語で表現する
能力が著しく低い状態になるものです。
言葉をうまく操れないと言う障害が学業や職業的成績、対人関係などの
障害となり、日常生活の中で支障をきたします。
 
身体的な障害と違い、コミュニケーション障害が外見上分かりづらかったり、
自分の苦しみを言葉で訴える事が困難な事から的確な対応を難しくして
しまう事があります。
 
原因は失語症や痴呆など脳に損傷を受けたりすることなどがと言われています。
先天的、あるいは高齢化、脳の病気、交通事故などによる外傷などで
発祥しますので時期や症状の現れ方は人によって違います。
 
国家資格である言語聴覚士は聴覚障害、言葉の遅れ、失語症、声・
発音の障害などによりコミュニケーション向上が必要な人に対し
リハビリテーションや訓練、指導を行ってくれます。
 
コミュニケーション障害の多くは失語症であり、多くの場合は言語訓練により
相当程度の回復が期待できます。
ただし、原因が高齢化や認知症の場合は回復困難な場合も多々あるようです。
 
人とコミュニケーションをとるということが苦痛な人は専門的訓練を受けること
により楽に暮らせるようになるかもしれないので一度言語聴覚士のもとを
訪れてみるといいでしょう。