話し方を練習するために

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
コミュニケーション講座 

話が苦手な人が人前で話をしなければならない場合など
練習をするということは大変効果的です。
スポーツでもいきなり試合に臨む人はいないでしょう。
日頃のトレーニングはもちろん、試合用に特別に練習をします。
 
慣れるということは非常に大きな効果があります。
スポーツでも素振りを徹底的に繰り返し体で覚えることは
基本中の基本です。
 
人前で話をするということにおいても同じ事が言えます。
あがり症だという人がいますがあがり症はリハーサルすることで
8割が克服できると言われています。
 
話し方を練習するには読んだ本について自分なりの言葉で
まとめてみたり、映画を見た後には自分なりに内容をまとめて
みたり、自分の体験と絡めて声に出して発言する練習したり
することも役に立つでしょう。
 
話し方を練習するには本をたくさん読みましょう。
本を読む人と読まない人の話はレベルが違います。
話す力がつくというのは話し方がうまいだけでなく考えも深まる
ことであるのです。
 
また自分が一番得意とする分野の話題を身近な人にしてみる
というのも練習になります。
相手が楽しく話しを聞けるように工夫しながら、聞き手の反応を
見ながら話すのです。
日々ちょっと工夫することで話し方はいくらでも練習できるのです。