話し方をトレーニング

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
コミュニケーション講座 

話し方のトレーニングとして効果的なものは人の話を聞いた後
それに自分の話を絡めて3分間で話せる内容に再構成すると
いいそうです。
これで再生力やエピソード力をつけることが出来るようになります。
 
本を読んだ後や映画を見た後にはこれに自分のえいぴソードを絡め
3分間の話にまとめるという方法も効果があります。
これより理解力とエピソード力をつけることが出来ます。
 
読書の後、要約や書評を書いてみることも自分の考えを深める
訓練になります。
 
読書をする事により語彙を増やせば、格段に話す力を伸ばす事が
出来ますし、自分の言葉でいろいろな言いかえが出来るようになります。
 
抽象的な書き言葉を自分の話し言葉で言い換えて誰かにその内容を
伝えるようにすると話す力も付きますし、自分の話ネタも増やせます。
 
滑舌練習として早口言葉を練習をゆっくりと何度も発音して練習する
のも効果的です。

話し方のトレーニングとして詩や戯曲を声に出して読んでみるのも
十分な練習になるでしょう。簡単なようかもしれませんが奥深く人に
よって捉え方が違うので表現も様々です。

まずは、自由に声を出して読むというのは話し方のトレーニングには
いいのではないでしょうか。