話し方のマナーを習得しよう

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
コミュニケーション講座 

話し方のマナーで大切な事は相手を置き去りにした会話はしない
という事です。
 「自分が、自分は」と一方通行で自分ばかりが話してしまうと
相手と『会話』になりません。
笑顔でジェスチャーなどを加えながらあいてに分かりやすいように
話すようにしましょう。
 
話す時には相手の目を見て話します。
ただし見つめすぎるとプレッシャーを与えてしまいますので程よく
相づちを打ったりしながら話しましょう。
 
話をよく聞くということは非常に大切です。
話に耳を傾ける人に対し、人というのは受け入れられていると
感じるものです。
話し上手の人は聞き上手でもあるのです。
 
それから、出来れば政治や宗教、スポーツ(3つのS)の話題は
避けた方がいいかもしれません。
これらの話題は信念が入り込みやすいので意見が対立するかもしれず、
そうなった場合相手の心証を害してしまう可能性があるからです。
 
また、当たり前の事ですが話の話題として人の悪口を言わない
といったこともあげられます。
 
それらの話に話の流れが行ってしまった場合、自然に話を変えられる
ようですといいですね。
このような心構えが話し方のマナーとなるのです。