人を動かす人の話し方とは

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

人を動かすには『論理』と『感情』と『信頼』が必要です。
いくら正論を言われても素直に聞けないときが人にはあると思います。
感情のスイッチが入っていなければその人の話を聞き入れることが
出来ないものです。
 
人から信頼される話し方とはどのような話し方でしょうか。
それは話をするときには簡潔に分かりやすく結論から話し、その後に
理由を話すような話し方です。
相手がどう感じるかを考えて言葉を選んで話せるといいですね。
早口にならずに落ち着いて感情的にならずに話しましょう。

また聴き方も重要です。
次に話すことを考えながら上の空で聞くのではいけません。
相手が何を伝えようとしているのかをよく理解しようと努め、
話が終わるまできちんと聴きましょう。

途中で自分はこう思うなどと意見は言わずに、最後まで聴くようにしましょう。
話を聴く時にはあいづちを打つなど聴いているという姿勢を示すことが大切です。
 
話をするということは誰からも習うことではなく生きてきた中で
自然と身についてきたものです。
ただ楽しく雑談しているだけではあの人は話を聴いてくれない、
と軽く評価されてしまい信頼を得ることが出来ません。
話をするということはとても神経や頭を使うことなのです。