上手な会話法

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

会話をする時に大切な要素は『話す』『聞く』『質問する』ことです。
話をする時に気をつけなければならない事は話を独占しない事、
人の話の腰を折らない事です。

意外に思われるかもしれませんが人とのコミュニケーションにおいて
聞くということは非常に大切な事です。
大抵の人は人の話を半分くらいしか聞いていないのではないでしょうか。
 
人は話をよく聞いてくれる人を好きになります。
コミュニケーションはよく聞くということから始まるのです。
 
人の話をよく聞くということは自分の考えを押し付けず、その人を赦し、
認め、受け入れるという人としての高い行為が含まれているのです。
ただ聞き流していればいいというわけではないのです。
 
会話が苦手な人というのは話す事が苦手な場合が多いと思います。
そのような人は聞くことに専念すればいいのですが、聞いているだけでは
話が途切れた時に困ります。

そのような時に「それからどうしたの?」「もっと聞かせて」などと
相手が話したくなるような質問をすると話が途切れずに続くので
質問する事に慣れておくと上手に会話ができるでしょう。

相手の話をよく聞いてあげ、相手を楽しくさせられるのが上手な会話と
言えるのではないでしょうか。