好印象な話し方とは

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

話し方によって同じ内容の話でも受け取る印象というのがまったく
異なってしまいます。
正しい言葉使いは一朝一夕で身につくものではありませんが
心がけひとつで印象というのはだいぶ変わってくるものです。
 
相手に好印象を与えられる話し方で大切なことは言葉をはっきりと
明瞭に話すことです。
口の中でモゴモゴと話すような話し方ではとても好印象は与えられません。
程よく相手の目を見て、落ち着いて早口にならないように気をつけ、
生き生きとした表情で話しましょう。
 
また、誰にでも分かりやすい言葉を選んで話すようにしましょう。
専門用語、流行言葉などは使わないほうがいいでしょう。
 
面接などで好印象を与えたい場合には相手の質問を良く聞き、
何を聞きたいのかしっかりと理解することも大切です。
そして、聞かれたことだけを答えましょう。
質問に対し曖昧な返答をすることも良くありません。
 
人が無意識に発信している表情や態度が印象を決めてしまいますので、
好印象を得られるように自信を持ち、ハキハキと爽やかな話し方を
するように意識するだけでも格段と印象が変わってくるものです。