介護における話し方

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

介護をする時には相手を思いやる気持ちを持ちが何より大切です。
相手がお年寄りの場合は高齢者は人生の先輩と思い丁寧な言葉で
ゆっくりと話すといいでしょう。
早口や高い声は聞き取りにくいようなので落ち着いた声で話すようにします。
 
そしてなるべく受身で話を聞いてあげられるといいですね。
ゆっくりと分かりやすく話したり、短い文章にするように心掛けたり
するといいでしょう。

例えば「服が汚れているので着替えた方がいいと思うけれど、
どちらの服がいいですか?」と聞く場合は
「お洋服が汚れていますね」「着替えましょうか」
「どちらのお洋服がいいですか?」
と分けて話すと相手が理解しやすくなります。
 
介護における話し方で大切な事は相手に対する思いやりと
相手に分かりやすく伝えるという事です。
相手が座っているのに立ったまま話したりする事も威圧感を
あたえてしまいますので膝元にかがんで話すようにすると
気持ちが伝わります。
 
また毎日笑顔でいられるためにはやはり挨拶が大切です。
「おはようございます」と言う時でも足を止め、ゆっくりと言い
軽く会釈をしてこそ気持ちが伝わります。
忙しいからと言って流れるような挨拶では気持ちが伝わりませんよ。