わかりやすい話し方

「あなたの話はわかりにくい」と言われてしまう人でも、
1日3分28日間のトレーニングでコミュニケーション力が身に着く!
聞き方・話し方講座 

わかりやすい話し方をするにはまず落ち着いて相手の目を程よく見ながら
話すように心がけましょう。
低い声のトーンで話すという事は相手に安心感を与えると同時に
自分自身を落ち着かせる効果も期待できます。
甲高い声で話すより低いトーンのほうが説得力があり声が大きいと
自信があると相手に思われます。
  
話をする時には始めに話の概略をさらっと触れる程度に話すとこれから
何を話したいのか分かりやすくていいでしょう。
また、結論を先に言ってしまうという事も話をわかりやすくさせるには
とても効果的です。
「今から3つの事を話します。1つ目は~、2つ目は~、3つ目は~です。」と
分けて話すのもいいでしょう。
出来るだけあいまいな表現は避けて具体的な例などを出して話すといいですね。

専門用語もなるべく避けて明瞭簡潔に話すようにすることも大切です。
専門用語が分かる人には分かりやすくてもわからない人には全く分かりません。

良い話し手というのは難しいことを分かりやすく伝えます。
分かりやすいことを難しい言葉で話すということが話し上手だと勘違いしている人
が意外と多いのですが、そうではありません。
分かりやすく落ち着いて結論から、簡単な言葉で話すようにするといいでしょう。